2006年10月22日
兵庫県 二見沖にて (船釣り)


二日連続のカレイ釣りはタカギ艇にて二見沖にタカギさんとキノシタさんと釣行しました。
ここからはキノシタさんが暴走^^; 30分たたないうちに3枚釣りあげます。
すぐに1枚 2〜枚
3〜枚 おーい^^; タカギさんも1枚
やっと1枚 4〜枚(-_-;)
キノシタさんのスタートダッシュにはまいりましたが、順調に26cmクラスがみんなに釣れてきます。
『数は釣れるけどサイズが欲しいなあ』とみんなで話ているとタカギさんの竿の穂先が『ビシッ』とあたります。
しかしその後も『ゴンゴン』あたっているので『フグじゃ〜♪』といわれてます。しかしあわせを入れた瞬間から竿がひん曲がりリールがギシギシ^^;
キノシタさんがタモですくい上げサイズを計ると37cmのプリプリのマコガレイ(@_@)
なんと37cmビッグカレイ おいおい^^; でかすぎ
OFMでの鉄則?^^
;『人の釣ったポイントにほ〜り込め』
タカギさんがうかれて^^;色々なところへメールしている最中に同じポイントへほりこみました^^; するとすぐに『グイグイ〜』と大きなあたり(*^_^*)
あわせるとすさまじい引き、柔らかい竿なのでめちゃめちゃ気持ちいい
キノシタさんにタモですくってもらうと35cmのマコガレイ
その直後にまたあわせると『スカッ』kなり糸ふけがでていましたので糸ふけをとりまたあわせると『ギュギュギュギュ〜』先ほどよりはるかに強い引き(*^_^*)
『タモ〜』 と叫びますが、タカギさんはしら〜んぷり^^;キノシタさんはタモの柄をカレイのほうへ向ける始末^^;
こちらは船竿が海中に突き刺さるようなやりとり中^^;それでもキノシタさんにすくってもうらとでかい(@_@)37cmのビッグなカレイでした。
その直後にわたしも35cm  
うっしゃっしゃ〜37cm追加 キノシタさんも31cmですが複雑な表情^^;
その後、キノシタさんにも尺オーバーが釣れますがちょっと納得がいかない様子^^;
結局、船内で20枚のカレイを釣り上げることができました。

内訳は私が9枚手のひら〜37cm タカギさんが5枚手のひら〜37cm キノシタさんが6枚手のひら〜31cmでした。
今まで何度もタカギさんに船に乗せてもらってますが 、1番っていうくらいにカレイが釣れました。船頭さんのおかげです〜♪m(_ _)m
でも『タモ〜』を無視しないでね^^;
 
 【釣行日  】2006/10/22
  【時間   】6:00-13:40
  【対象魚  】カレイ 
  [ポイント ]二見沖
 [気象状況 ]晴れ
  [水温   ]?℃
  [潮    ]大潮 
  [水況   ]普通
  [タックル ]船竿 
 [仕掛け   ]スパイク40号など 道糸ナイロン5号
        モトス5号
        ハリス5号・チヌ針8号・マルセイゴ
               段差仕掛けなど
  [餌    ]青虫
  [釣果   ]マコガレイ 9枚
       (37・35・手のひらx7)
  [備考   ]カレイ爆釣!! 船内で20枚(^O^)
2人の釣果(^o^)