2004年06月20日
鳥取県 浜村海岸にて 


台風がきているので瀬戸内では釣りは無理だろうと鳥取方面に釣行しました。(それでも周りにはあほ扱いされましたが^^;)
いつもの通りキノシタさんに迎えにきてもらい、エアロさん、abisinさんを ひらい予定通り鳥取を目指します。近づくにつれて雨は降っていないもののかなり風がふいてをおり少し不安なまま浜村海岸に到着。浜に降りてみるとほとんど風が吹いてません。 一応カッパを準備し釣りの準備をし浜に降りました。
朝はこんな天気でどうなるかと思いましたが こんな感じの曇りならいいんですがほとんどかんかんでり(-_-;)
最近、大会で情けないのが続いてますので今日は大会のつもりで真剣モード。 早速浜にでて払い出しの付近に場所をとり、準備を第1投。4色あたりから引いてくると3色あたりで”プルプルッ”2色〜波口まであたりが続き上げてくると6連(^O^)最近の浜村の好調なのがまだ続いているようで一安心。河口付近に陣取ったキノシタさんがこちらよりもサイズのいいのがあがっているようですがエアロさん、abisinさんも同じように釣れています。

近投で釣れるのであまり投げず、手かえしのスピードもあげ5時半〜7時半の間ですでに100尾を超えておりました。 ところが地元の漁師さんが網入れをしだし、ここから一気にペースダウン。すぐに荷物を持って場所移動。どうやら地引き網みたいです。 キノシタさんたちは地元の人たちと話をして網があがるのを見ていましたが、私は、場所移動(若干、手前が浅く変化の少ない場所)し、すると少しサイズがおちたものの波口で6投8連連発!!
しかしみんなが
移動してきて何投かすると予想通りすぐに散ってしぶくなり、9時頃からはかなりのペースダウンしたのでまたまた場所移動。

  こんな感じで釣れ続きますが若干サイズは小さめでした。
少し移動して海底をよく見てみると今日は、2色あたりに東西に浅瀬が広がっており右側の岩場の手前が少し深くなっており、潮が右に流れて右の少し深い所 からキスが入ってきて浅瀬にそって群れがいる模様。  少し海に入り、そこにあわせて引いてみるとピンギスが多いですが確実に5〜8連。
反対に遠投などもしてみたんですが沖はほとんど単発ばかり。 エアロさん、abisinさんは好調だった早朝の場所にもどっていましたが時間はたっても網をひいた後の場所はやっぱりもう一つみたいでした。

10時頃には、本当に渋くなったのですが波口を竿さびきで引っ張ると4〜8連は続きます。AXの竿の釣り方ではありませんが(^^;)
岩場の手前の少し深くなった所を重点的に4人で投げ込みますが、やはりここからキスが浅瀬に入ってくるのか、投げ続けても全く散りませんし、斜め4色あたり (手前に岩場があるので正面からは投げれない)では少しサイズのいいのもかかってきます。
みんな暑くてかなりへろへろにはなっていましたがみんな束釣りを達成した模様(^O^)わたしもなんとかがんばって釣り続け230尾にて納竿 しました。

今回は、色々試したい事(大会などで色々みたことなども含む)があり、それを全て試せましたが、自分なりの釣り方などももっと研究・練習・検証していかないといけないとつくづく思いました。 そうしないとプライベートでは釣れても(釣れる場所でやるのですから)大会では全く通用しない(特にポイントに偶然当たらない限り)のが今年は真剣に痛感しました。

これからも頑張って楽しく、色々と試していきたいと思います。(*^_^*) 
キススペシャルE+の実釣会(^o^) 感度ばつぐん  
 
 【釣行日  】2004/06/20
  【時間   】5:30-12:00
  【対象魚  】キス
  [ポイント ]鳥取県浜村海岸
 [気象状況 ]晴れのちくもり
  [水温   ]?℃
  [潮    ]中潮 
  [水況   ]透明 
  [タックル ]SPIN POWER SF 425 AX  
        Super Areo Technium 0.8PE
  [仕掛け  ]エルキャッチ33号
          ハリス フロロ1号モトスフロロ2号
             キススペシャル4号など etc・・・
  [餌    ]イシゴカイ・チロリ
  [釣果   ]キス 230尾 
  [備考   ]超真剣モードで色々試せ、
         充実した1日でした。
        
230尾の大爆釣(^o^)