2003年03月30日
鳥取県 房島にて


以前からの春に房島へいこうという話と名古屋へ転勤になっています一三さんの送別会?も合わせて久しぶりに釣りに行ってまいりました。
釣行記を書くのも久しぶり・・・反省・反省(^_^;)
実際、釣行したメンバーは一三さん、エアロさん、ククレカレイさん、木下さん、ウエノさん、私の6人です。
渡船場所につくとすでにククレカレイさんが木下さんと来られていて、もうやる気満々の状態でした。6時半の船で房島に渡ると、今日はべた凪なんですが島の周りは結構うねっていて波をかぶっています。

私は、何度か房島に渡っていますが一度もカレイを釣ったことがないへたくそなもんで『今日こそは・・・』と思ってすぐに用意をしているとなんと島の西側に陣取ったククレカレイさんが大波をかぶり竿以外の荷物(リールの入った鞄、えさの入ったクーラー)などを流されてしまいました。 約10万円相当。完全に茫然自失の状態になってました。 磯に渡るとこういう事もあるので気をつけないといけないですね。

その後、 私の竿にあたりがあり一瞬、根がかりかな?とも思いましたがすごい引きながらも少しずつあがってきます。海面ちかくまであがってくるとなんと40cmをはるかに超えてるアイナメ!! それもアイナメ独特の模様が消えてしまってるくらいの大物!!ところがお約束の玉網をだれも準備していません。 横で、見ていた一三さんも『デカッ』と一言。
しかし今更、どうしようもないので波に乗せてあげようとし途中まではあがりましたが波が引いた途端にぶら下がっている状態になり『プチッ』・・・・・・・
ハリスが魚の重みで切れてしまいました。
  ロケーションは最高です。
それも一度岩場におち跳ねて海へ帰ってしまいました。、『やってもーた、カナシ過ぎる。』(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T) 今度はわたしゃが茫然自失。
わたしはいつも自己記録の魚が釣れた(針にかかっただけ)時に限っていつもこんなのです。(T_T) 今回はたまたまその仕掛けに弟にもらった仕掛け(ハリス3号)でした。普段そんな細仕掛使わないのにー(-_-;)
みんなは『でかかったなあ』とか『捕ってればスターやったなあ』とフォローどころか傷口に塩を塗り込んできます。

そうこうしていたらエアロさんには28cmくらいのアイナメさんとクジメさんがダブルでHIT。
うらやましすぎる(^_^;)

その後にまたまた私の竿にあたりがありましたがどうやら根に潜られてしまった模様。
移動して色々な方向から抜こうと試してみましたが動きません。仕方がないので切ろうとしたときに少し波がきて後ろにさけようとしたら『ドボン』 はい、岩場のすきまの穴にはまりました。 見ていた人たちは私が視界から一瞬で消えたそうです。
まあパンツまでびしょびしょですわ 悪夢じゃー (T_T)
泣きポンとクジメをダブルでGET  
波がきたのでよけようとしたら岩場の穴にはまってしまいました。(T_T) 房島で初めてみた30以下のカレイ  ククレさん 25cmイシガレイ
わたしが服を脱いでかわかしているとククレカレイさんが25cmのイシガレイをゲット。 会社の後輩?の木下さんに『神様jはいるもんや』とかえらそーに?いっていましたがすぐに33cmのイシガレイを釣られへこんでます。
でも本当に神様がいるのかククレカレイさんに40.5cmのイシガレイが釣れ大はしゃぎです。当然のようにみんなからは『10万円のカレイかあ、高いのーう』とか『人のエサ、仕掛で釣ったな』とかボロクソですがやっぱり40オーバーは嬉しいのでしょう。 全然こたえてません。(^_^;)
  木下さん、33cmのイシガレイ 
ククレカレイさん10万円のカレイ!?』とみんなに冷やかされてました。
エアロさんには38cmのアイナメです。
すると今度はエアロさんが何か釣れたらしいのですがわたしと同じく落としたらしく慌てて魚を拾いにいくます。私と違って拾えたらしいので見に行くとなんと38cmアイナメです。(@_@)

わたしにも神様が振り向いたのかあたりがありガンガン首をふるアイナメ独特のあたり。期待してあげると28cm。 普段なら大喜び?ですが朝の件とエアロさんのサイズもあり素直には喜べせん。(^_^;)

そうこうしていたら今度は一三さんが何か叫んでいたので見に行ってみるとなんと43.5cmのイシガレイ。 イシガレイの自己記録を一気に10cmのばしたそうです。おめでとうございます。 (^_^)
一三さん自己記録更新となるイシガレイ43.5cm(^o^)  

わたしはアイナメが釣れた以降何も釣れず渡船のむかえの時間が迫って来て半分あきらめの頃、一三さんが『マムシ一匹もらうで〜』というのでアイナメでもねらうのかな?(今日はカレイは青虫、アイナメはマムシで釣れてた)と思っていたら『タモ〜』との叫び声。 玉網をもって見に行くとなんとまたまたカレイ。 それもまた40オーバー(@_@)(@_@)(@_@) サイズを計ると41.5cm サイズは先ほどより小さいですが厚みはこちらのほうが上です。 羨ましすぎる〜

わたしは房島では相性が悪いのですが一三さんは房島でカレイボーズがありません。う〜ん(T_T)

  『何すんねん』とみんなにボロクソです。 この日40オーバー2枚目
結局この後は誰も釣れず納竿となりました。
そして渡船が来るのが見えたのでみんな用意をしていると船が止まり引き返します。みんな『?』と顔を合わせていると何か海面からひらっています。まさかとは思いましたがなんと朝に流されたククレカレイさんのクーラーです。(@_@)遙か西に流されていったのですが夕方には東のほうまで戻ってきてました。 その後、帰り際にSpinpowerの竿袋、パン(笑)も回収できククレカレイさんっは大喜びでした。

左の写真:海から回収したパンを食べているククレカレイさん。

私はカレイは釣れませんでしたが、みんなで40オーバーが3枚もでたし改めて房島の可能性を感じました。只、やっぱり波をかぶったりして危険な事もあるのでライフジャケット、スパイクブーツは必須だなあと感じました。
でもローケーションもよくまた来てみようと思いながら充分楽しめた房島を後にしました。

次こそは釣ってやる〜(^o^)
房島でカレイをよう釣らず遠くをみて逝ってます(^_^;)(右端)  

 【釣行日 】2003/03/30
 【時間   】7:00-15:30
 【対象魚 】カレイ
 [ポイント]房島
 [気象状況]くもりのちはれ
 [水温  ]?℃
 [潮   ]中潮
 [水況  ]透明
 [タックル]PRO SURF       425BX-T、Power Aero 10000
       SURF READER EV 425CX-T、Power Aero 10000
       SURF READER EV 425DX-T、Power Aero 10000
       SURF READER EV 425EX-T、Super Aero EV 
 [仕掛け ]エルキャッチ30号・六角おもりなど
        道糸PE2号・モトス5号・ハリス5号
       チヌ針4号・段差仕掛け・先錘仕掛け
 [餌   ]青虫・マムシ
 [釣果  ]房島4連敗(T_T) 泣きポンのみ
 [備考  ]だめだーせっかく悪い流れをたちきる良い
       機会だったのにー(-_-;)       
  房島では一流釣らせ師です。(T_T)