2001年07月15日
鳥取県 弓ヶ浜 JPANAN CUP中国予選にて

7月15日 JapanCupの中国予選、私は全サに入っているわけではないので大会というものにでたことがない。
わくわくして寝れないのが続いていました。(^_^;)大会前日の朝9:00に一三さんと加古川で待ち合わせし弟を含め3人で出発。車の中では、『仲間内でどべは
やだなー』とか話で盛り上がり米子まですぐに到着(した気分)。
昼食をとり早速、大会会場の井上靖記念館前の海岸あたりかた試し釣り。
一投目からあげてくると藻がとろろ状になってからまってくるのでそれはとるのが
大変(>_<)
和田浜キャンプ場のほうへ移動していくがどこも藻が多く釣りずらい状態で
明日の大会中もいやーな予感。
なんやかんやでいいポイントも見つけ30尾で納竿しました。
その後、温泉に入り明日の作戦を一三さんと話し合い8時頃就寝しました。

明けて当日、会場にいくとすでにものすごい人数(@_@) 知っている人たちもかなりいます。投翔会のかたたち(Tsuchyさんやしおざきさん・ロンリーさん)も
すでに準備していました。そして大会審査委員長の説明の後、いよいよスタート。
先日、チェックして藻のすくなかった流れ込みの辺りを目指して猛ダッシュ!! しおざきさんと弟はもっと速く行ってます。しかし日頃の運動不足はいかんと
もしがたく途中でペースダウン(^_^;)目標のあたりにいって準備をしてまわりをみわたすとどうやら50mほどずれている模様(^_^;)なんの為にチェックしたのやら

ホイッスルを合図に6時釣り開始。オーバースローに近い投げ方で、第一投。4色あたり投入してさびきくが5本鈎仕掛けにキスが1匹だけ(^_^;)
一投目にかなり期待していたのでショックがデカイ 右にかたをみるとなんと3連(^_^;)そくみると北近畿の佐織さんでした。緊張のあまりまわりを確認しなかっ
たのできずきませんでした。予想通りトロロ藻が非常に多くかなり釣りにくい状態でした。
その後、お祭りが多く精神的にかなりまいってしまい佐織さんのまだ右の方がこっちの正面に投げてくるのにも切れたりしながら16尾で納竿しました。

キス16匹で289グラム。シマノジャパンカップ中国予選は、自分も予想外のド貧果 

投げミスでお祭りは仕方ないと思うがわざと正面に投げてくるのには正直まいりました。自分のポイントを休めたいのでしょうが私には考えられない事でした。
まあ良いことも悪いことも含めていい経験ができました。  来年はリベンジだー しおざきさん・ロンリーさんくびねっこ洗ってまっててね(^_^;)



    【釣行日 】2001/07/14
    【時間  】13:30-15:30
    【対象魚 】キス
    [ポイント]弓ヶ浜
    [水深  ]浅い
    [気象状況]晴れ
    [水温  ]?℃
    [潮   ]小潮
    [水況  ]少し濁り
    [タックル]SpinPowerSC 425CX-T
         Super Areo Technium 0.8PE
    [仕掛け ]エルキャッチ天秤30号、
                ジャストキス茶5号・トーナメントキス4号
                ハリス ホンテロン0.8モトスフロロ2号8本針
    [餌   ]チロリ・イシゴカイ
    [釣果  ]キス30尾(オールリリース)
    [備考  ]とろろ藻がすごい


    【釣行日 】2001/07/15
    【時間  】6:00-9:00
    【対象魚 】キス
    [ポイント]弓ヶ浜
    [水深  ]浅い
    [気象状況]晴れ
    [水温  ]?℃
    [潮   ]長潮
    [水況  ]少し濁り
    [タックル]SpinPowerSC 425CX-T
          Super Areo Technium 0.8PE
    [仕掛け ]エルキャッチ天秤30号、
                ジャストキス茶5号・トーナメントキス4号
                ハリス ホンテロン0.8モトスフロロ2号8本針
    [餌   ]チロリ・イシゴカイ
    [釣果  ]キス16尾
    [備考  ]良いことも悪いことも含めていい経験ができました。